ホーム > 研究 > 小児疾患グループ

研究

小児疾患グループ

小児リハビリテーションの対象疾患は、ダウン症、ソトス症候などの先天性異常症候群や、脳性麻痺、二分脊椎などの麻痺性疾患、シャルコー・マリー・トゥース病、筋ジストロフィー症などの神経筋疾患、その他、各種の外傷や先天性四肢欠損、更には、精神遅滞、学習障害、自閉症などの発達障害をも含み、まさに多種多様です。

その治療を行うには、各疾患の病態に対する知識のみならず、その子どものもつ自家矯正能力、更には将来の成長・発達を念頭に入れる必要があります。そして、全人間的にフォローを行い、必要に応じて関連する他の診療科とも連絡を取り合い、患者様のQOLをより高いレベルに持っていくことが目標です。

当院では主に、小児病棟、およびNICUの入院患者様に対し小児リハビリを行っています。治療の方法は従来の理学療法、作業療法、言語療法など療法士による治療のほか、装具療法、薬物療法、手術加療などがあります。当院整形外科小児グループとは勉強会や検討会を共有することにより強い協力体制を持っておりますので、痙性麻痺に対する筋解離術、足部変形に対する足部矯正手術をはじめ、多くの外科的治療を一緒に行い、児の運動機能の改善、変形の予防・矯正、二次障害発生の予防に努めております。また当院より2キロ北東にある名古屋市中央療育センターは関連施設のひとつであり、当科医局員が診察行うことにより名古屋市の療育に積極的に関わっております。大学病院、中央療育センターの双方で治療を行うことにより、患者様のニーズ、状態に合わせた柔軟な対応が可能となっています。

(文責 伊藤 錦哉)